サイト内検索画面へ移動します 検索

 

全国から寄せられた被災地へのメッセージ(スライドショー)

この度の「きずな駅伝2011」では、イベントには参加できないけれど被災地へ想いを伝えたい!という方々からも、メッセージを集め福島に届けるため、メッセージカードを用意していました。

すると、思いがぎっしり詰まった葉書が32通も自然塾寺子屋に届きました!その葉書一枚一枚をめくってみると、たどたどしい字で書いてくださった子どもさんからのメッセージや、綺麗な色鉛筆で描かれた野菜のイラスト付きのメッセージ、東北へ旅行に行かれた時の印象を表現されたメッセージなど、一人ひとり、丁寧に綴られた言葉の数々に出会えます。

メッセージをご覧になりたい方は、“被災地へのメッセージ”のページをご覧下さい。


 また、この中から特に心に響いたメッセージを書いてくださった方に、自然塾寺子屋よりプレゼントを送らせていただくことにしました。

 選ばれたのは同票1位だったこのお二人です。

宮崎碧さんからのメッセージ河端かほりさんからのメッセージ
宮崎碧さん(左)            河端かほりさん(右)

 全てのメッセージに想いが込められており、優劣をつけているわけでは全くないのですが、お二人のメッセージは、特に東日本被災地の方々に寄り添ったものであり、そして自分の出来ることを真摯に受け止めている姿勢が伝わり、スタッフ共々とても心打たれました。

 このメッセージがより多くの人々に伝わることを願っております。そして、私たちもこの気持ちを忘れず、東日本大震災を決して風化させず、これからも自分達に出来ることを継続して支援して参りたいと思います。

 また、6月18日から集めている義援金の募金ですが、12月まで継続しております。集められた義援金は、愛情を込めて育てられた純愛米とともに福島県庁へお届けする予定です。是非ご協力をお願いいたします。